水のトラブルからキッチン編

調理をしたり、食事の後片付けをしたり、キッチンは毎日の生活にとって欠かせないものです。自炊をしないという人でもシンクで水を使用することはあるのではないでしょうか。シンクの蛇口から出た水はシンクにある排水溝に流れ込み、排管を通って下水に流れていきます。食事作りや後片付けなどで毎日使用するという場合は、それだけ経年劣化も早くなりますし、食べかすや油汚れなどに気をつけていても流れてしまうことで排水溝や配水管の詰まりも起こりやすくなります。仕事を終えて家に帰ると、突然キッチンの床が水浸しになっていたということも起こりうることです。

■蛇口やその他の部品は10年経ったら交換を

人間にも寿命があるように物にも寿命があります。これはキッチンに使われている様々な設備や部品なども同じであり、シンクに取り付けられている蛇口や排水溝、排管などは約10年ほどで寿命が来てしまいます。使用する頻度によってはもっと短い場合もありますし、使い方によってはっさらに寿命を縮めてしまう可能性もあります。10年以上使用しているという場合は一度業者に依頼して点検をしてもらい、必要に応じて蛇口 交換などをしてもらいましょう。

■こんな時は非常に高額な費用がかかる
キッチンで起こる水のトラブルで注意したいのが、床に浸水した場合です。基本的にポタポタ水が出ているという状態であれば悪くなっている部分を交換したり、締めなおしたりするだけで作業は済むので数千円程度で済みますが、問題となるのが床が水浸しになった場合です。床に水が漏れてしまうと床材自体を交換しなければならなくなってしまい、大掛かりなリフォームが必要になる可能性があります。

■キッチンで起こる水のトラブルを防ぐには

キッチンでの水のトラブルを防ぐためにまずできるのは普段の使い方を見直すことです。特に排水溝や排水管の詰まりは使い方が大きく影響するものであり、詰まりを防ぐために配水ネットを設置したり、水の流れが悪くなったら定期的にラバーカップを使用してこまめに詰まりを取り除くことで、トラブルを防ぐことができます。


■まとめ
毎日使用するキッチンだからこそ清潔に、快適にしたいものです。そのためにも定期的にチェックをして予兆を見過ごさないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ